希望通りの不動産を探すには

不動産投資は低リスクな立地を検証の上物件を探す事が重要です

アパート経営等の不動産投資時の低リスクな立地をここで検討をします。

まず、職住近接物件の企業城下町が挙げられます。その企業授業員及び企業とその協力会社による借り上げといった需要が見込めたため公共時には花形物件ではあります。その企業が、この先も需要が見込めて経営が盤石で一点の曇りもない場合には、その立地は好条件ではありますが、この様に経営状況が不動産の稼働にも影響が及ぶ状況では逆もあり得るものです。

image

経営悪化や生産縮小や工場等が閉鎖となりますと、その周囲の不動産を含む城下町へも悪影響が及びます。このようにして花形物件はハイリスク物件となりますため、この企業城下町物件は景気の乱高下状況ではハイリスクハイリターンとなります。

この企業城下町と同様の立地条件に学園都市が挙げられます。これまでは学生数が安定していたため一定の学生による下宿需要が見込めましたが、少子化の状況では稼働率が不安定になる事と、学校の閉鎖なども懸念される事となります。

企業城下町物件と同様のリスクを抱えた立地となります。この2つの条件は風吹けば桶屋が儲かる的な不動産経営ですので、風が止まると向けも止まるリスクを抱える事になります。この様にこれまでの花形物件がハイリスク物件に陥るケースがあるのです。

同様に急行停車駅物件が挙げられます。

この優等列車停車駅の物件は長らく鉄道の駅の利便性の高さを示す指標でありましたが、急行電車の様な遠方のニュータウンからの団塊世代の乗客がリタイア期に入って、急行より普通電車の乗客が増えた事で急行優位型ダイヤから普通電車を増発する会社がある事と停車駅事態を改定するケースがあるのです。そのため、最終電車が遅目のターミナル駅近くの普通電車停車駅へと需要がシフトするケースも見られます。

このようなことから鉄道の優斗列車停車立地は需要や停車駅の変動のリスクを抱える事となります。特に首都圏では相互乗り入れや新路線開業による変動リスクがあると考えられます。

現在の時刻

カレンダー